大口カードローンは総量規制に注意

大口カードローンを利用するなら総量規制に注意をしなければなりません。
大口カードローンではかなり大きな金額を借りることになるので、
このときに注意することは総量規制にひっかからないようにすることです。
総量規制では年収の3分の1以上は借りることができないとなっているので、
もし大口カードローンで借り入れするなら自分の年収の3分の1までに
希望額を調整すると良いです。

銀行カードローンは総量規制の影響をうけない

この総量規制というのは消費者金融において適用される話なので、
もし銀行で大口カードローンを利用するなら年収の3分の1以上でも
借りることができるので、しっかりと覚えておくと良いです。

総量規制は一つの会社だけでなく借入金を合算した金額で判断

また、総量規制というのは一つの会社における話ではないので、
消費者金融に申し込みをする時にすでに他の会社でお金を借りているなら、
その借金も含めて総量規制が判断されます。

なので、すでに融資を受けている人ほど新たな融資は総量規制が
適用される会社において、大きな融資を受けにくくなるというわけです。
こうした規制に縛られることなくしっかりと大口カードローンを利用したいなら、
やはり銀行など総量規制外となっている会社で申し込みをすることが大切です。
銀行なら大口融資の場合に金利はかなり低い傾向がありますし、
総量規制が適用されないことで、目標金額を借入れでき
色々なメリットがあります。

しっかりと金利や極度額を比較して好ましい銀行から
大口カードローンを利用してみると良いです。