任意整理後借入

借金の返済に苦しみ、任意整理を行ったという方は少なくありません。
任意整理とは弁護士などを介し、金融機関と交渉して
借金の減額をしてもらうものです。

任意整理後は5年間は新たな借入やクレジットカードなど作れません。

任意整理を行うとブラックリストに載るので、
その後5年間はいかなる借金もできませんし、クレジットカードも作れません。
5年経つと信用情報機関からそのデータが消えるので、
理論上はまた借入ができるようになります。

ただ、この5年間というのが曲者で、完済後5年間という条件です。
通常任意整理は3年間で完済するのが普通なので、3年プラス5年で、
任意整理後8年間は借入できないということになりますね。
では、任意整理後8年経ったらもうどこからでも借入ができるのでしょうか。
残念ながらそうではありません。

その時の本人の状況にも寄りますが、債務整理をした先からは
まず半永久的に借入できないでしょう。
債務整理した先は、信用情報機関からデータが消えても、
自社の中に任意整理者のデータを残しています。
ですから、整理先の業者、その系列の銀行や子会社などからは、
もうカードを作ったりということも厳しいでしょう。

それ以外の銀行や消費者金融からは、信用情報機関からブラックの履歴が
消えるとまたローンを組んだりカードを作ったりできる可能性が高くなります。
勿論、任意整理を一度のトラブルも無くしっかり3年で完済しているという
条件を満たしていることが必須となります。
任意整理すると二度とローンが組めなくなるのかと
心配する方もいますが、しっかり完済すれば大丈夫です。